音にノイズが入る場合のIphone修理

音にノイズが入っている場合のIphone修理について解説します。
メーカーによるIphone修理が必要な場合と、個人でできる簡単な対処方法による修理とがあります。
イヤホンからの音にノイズが入っている場合、本体の故障の場合もありますが、一方でイヤホンの接触不良によるノイズが原因である場合もあります。
イヤホンからのノイズのみの場合には、単純にイヤホン端子の接触不良である場合も多いため個人で簡単に修復する事ができます。
イヤホン端子をクリーニングして対処しましょう。
クリーニングにはホームセンター等で販売されている端子接点復活剤を活用します。
スプレータイプの製品であるため、必要なサイズを購入しましょう。
この接点復活剤を活用してイヤホン端子のクリーニングを行います。
まずは故障を防ぐため必ずiPhoneの電源をシャットダウンさせ、バッテリーを外してから清掃作業を行うようにします。
綿棒などに接点復活剤吹き付けて、イヤホン端子のクリーニングを行いましょう。
同様に充電端子などのその他の接続端子もクリーニング可能です。
接点復活剤の洗浄液が十分に乾燥してから再びiPhoneを活用しましょう。

iPhone修理 水没

Iphone修理

  • Iphoneが故障してしまった場合には修理を行う必要がありますが、Iphone修理の前に必ずデータの

  • Iphone修理を行った後、バックアップしておいたデータを復旧する方法は二種類があります。
    i

  • Iphoneが壊れると色々な問題になりますが、そういう時は業者を利用して修理をするとすぐに直せること

Iphone修理・どこに依頼すればよいか

Iphone修理をしてもらうには、アップルストアへの持ち込み、アップル正規プロバイダーへの持ち込み、それ以外での非正規店への持ち込みの3種類がありますが、結局どこへ持ち込むのが一番良いのでしょうか。
ここからはいろいろなケースで判断してみましょう。
一般的に修理にかかる費用は正規店よりも非正規店のほうが安いといわれています。
例を挙げてみるとiPhone5s以前の機種に関しては非正規店のほうが安くなっています。
しかしながらアップル正規店のほうが安く済む場合もあります。
iPhone6や6sの場合は、画面修理においては画面の修理やバッテリーの修理はアップルのほうが安く済むという結果が出ています。
一方、アップル正規サービスプロバイダーに画面修理を依頼する場合は部品交換ではなく本体ごとの交換になるので、結果的に修理にかかる費用は高くなります。
そして、アップル以外での非正規店でIphone修理をする際の最大のデメリットは修理してもらった時点で保証がなくなるということです。

PAGETOP